FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5488位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
734位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



8620 車籍復活への道46 テンダー分解
テンダーにDCCを仕込むに当たって、まずは分解構造を見てみます。
 

 
ネジを外すだけでこれだけバラバラになります。
(まだ完全ではありませんが・・・)
 

実際の構造とはかなり異なります。
特に炭庫部分はまったく無視されていてどちらかというと70~80年代くらいの鉄道模型のようです。
少し驚いたのは石炭が樹脂製でなく金属(おそらくスズか?)製であったことです。
 

見ての通り接着剤で石炭が付いていました。
 

床板は完全な1枚板でビスでエンドビームや台枠を取り付ける構造です。
この板にデコーダー基板やスピーカーを取り付けるわけです。
 
以降、次回に続く♪
関連記事
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://reichsbahn.blog.fc2.com/tb.php/416-b1ea912d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)