FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5488位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
734位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



EF5850車籍復活への道17 台車ディティール
今回は砂箱の取り替え及び作用管の取り付けです。
 
 
使用部品は稲見製の砂箱、珊瑚製の作用管押さえ(16番用)、金岡工房のT型管継ぎ手(16番用)及び0.3mm線です。
砂箱は1ミリ厚のワッシャーを挟んで少し浮いた状態にしています。
作用管押さえの位置は台車前位より27、45、60、75、91、同じく後位置より38(各ミリ)、
それぞれ台車上端1ミリの位置に0.5ミリ孔を開け、押さえを瞬間接着剤で固定します。

 
オリジナルの砂箱と稲見製の砂箱の比較。
(但し、オリジナルは砂撒き管が折れてます)
オリジナルは台枠に2mmネジにて取り付けられています。
故、稲見製も取り付けに当たって2mmのタップを切っておく必要があります

 
砂箱に配管がまだ施していません。

 
一体成型の台枠ですが作用管を付けるだけでグッと精密感が増すような気がします♪

次回は砂撒き管及び先台車の連結器の取り付けをしたいと思います。
 
※過去のEF5850号機の製作記事はこちら!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://reichsbahn.blog.fc2.com/tb.php/373-44ed3ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)