FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6782位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
906位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



EF5850車籍復活への道34 電装工事 デコーダ
今回はサウンドデコーダーの取り付けです。
用意したデコーダーは、永末製です。
NGDCC DE10sx EF58K 16800円
価格的にはクマタ製に比べると安く、外国製のモノに比べるとやや高いという
丁度、中間点的な価格設定です。
※厳密にいえばクマタ製も外国製といえますが
 

 
このデコーダーはカトー製の16番EF58にビルトインするように設計されていますが、
今回は配線加工をして、当OJ・EF58に取り付けます!
上画像は既に一部、電解コンデンサなど組みつけました。
スピーカーも配線済みですがサウンドチェックに使用したので実際の組み付けではまた配線を外します。
 

 
昨日の記事で製作した標識灯レンズ。
 

 
裏面からこのようにLEDを当てます。
取り付けは瞬間接着剤です。
 

 
デコーダーは基板の既存孔を使用して天井裏にネジ止めします。
天井には取り付け用のネジ穴を製作しておきます。
また、基板と天井の間には絶縁のためテープを貼ってあります。
 

一旦外したスピーカーは床板側に取り付けます。
以前床板に18mmの孔を開けたところですね。
スピーカーのサイズは20mmあります。
デコーダーとはコネクターを介して結線します。
 

 
各々、LEDと結線しました。
次回もこの作業の続きです。
(今日から仕事始めです・・・多分更新はグッと遅くなるかも・・・)
 
※過去のEF5850号機の製作記事はこちら!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://reichsbahn.blog.fc2.com/tb.php/354-2e1b34dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)