FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6782位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
906位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51140車籍復活への道7 ポンプ蒸気管
管受けに使えそうなものを入手したので蒸気管の工作開始です。
 

 
珊瑚の管受Bと云うもので0.8mm孔が空いています。
価格は5個入りで630円。
蒸気管は1.0mm線を使用するので管受けも1.0mm孔を開け直します。
 

 
管受けは、ステー部分及び片側の耳を除去してイモ付けです。
蒸気管自体は元々付いていたオリジナルを使用しています。
右角下に付いているのは継手としてアドラ製のLLサイズの六角ボルトを使用しました。
元々、オリジナルは割ピンで取り付けてあり、その取り付け孔が有りましたが
その孔を隠すように取り付けています。
蒸気管の下に見える穴は通風管取り付け用の孔です。
 

 
蒸気管の左先端はこの先ポンプに接続されます。
現状はランボードに差し込んでいるだけです。
 

非公式側の工作が続きます。
基本的に配管はボイラーケーシングに近い物から、
工作物は取り付け熱量の大きいものから取り付けます。
というわけで、次回はブロア用の通風管かATS発電機の取り付けの予定です。
(通常のタービン発電機はオリジナルのネジ止めのまま使用する予定なので
今回の取り付け順はスルーです)
 
 
関連記事
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://reichsbahn.blog.fc2.com/tb.php/332-ce0a4988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)