FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5488位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
734位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51140車籍復活への道25 空気作用管
皆さま、日頃より雷比須鉄道ご利用ありがとうございます!!
 
1年3カ月の御無沙汰でした。
 
ブランクの大きな理由は少し飽きていた(おいおい)というのと、
他に夢中になっていたものが有ってその再生に取り掛かりぱなしと云うのも有りました。
↓これです(笑)
 
色々と区切りが付いたので久しぶりに工事再開です!!
 
前回の予告で給水温め器周りの配電をしようかと思ったのですが、
空気作用管を先にやります。
 

主に使用するのは珊瑚の作用管受けです。
これに0.3mm線を組み合わせて工作します。
 

ほとんど手が入っていないので寂しい公式側です。
作用管受けを取り付ける場所に大まかにマーキングしてノギスで測りながら高さを決めます。
 

以前工作したキャブ妻の作用管取り付け口です。
 

ざっくりこんな形で取り付けて行きます。
 

キャブ妻の作用管取り付けの状態。
 

継手部分。
継手はアドラのナットSを使用しています。
”2”と書いてある部分から砂撒き用の作用管が上にあがっていきます。
 

こちらはその工作が済んだ状態。
T型管継手は金岡工房製を使用していますが少しスケールが大きいようです。
多分エコー製が丁度よい感じがします。
ただ、今回はエコーの在庫が無かったので手持ちの金岡製を使用しました。
 

T型管継ぎ手は0.4mm孔を開けて作用管を通しています。
 

非公式側。
 

久しぶりに工作すると楽しいですね♪
でも月末から仕事が忙しくなるので工事が再び中断する可能性が有るやもしれません・・・
 
さて、次回は作用管の仕上げと、ボイラーステップあたりをやる予定です。
 
関連記事
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://reichsbahn.blog.fc2.com/tb.php/311-0ed81f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)