FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5488位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
734位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スユニ30 DCC化 (OJゲージ)
前回紹介したクマタ製・スユニ30の2FX DCC化です。
このスユニ30は80年代に製造された恐らく第2世代で、車齢はおよそ30年ほどたっていると思われます。



室内はレトロな照明器具と、この頃はテールランプの方向転換にセレンが使われていたと思いますがこの車両には搭載されていないのでテールは常時点きっぱなし。



このヒューズ管型ライトは今でも売っているんでしょうか?
テールは麦球。



これにNGDCC製の2FXデコーダーを搭載します。



DF19×2 r2 NGDCC製 1600円



手前のコンデンサなどが搭載された基盤は自作です。
床への取り付けはいずれも両面テープ。



LEDはオレンジ色×3灯を使用。
色のチョイスは昭和初期の運用で、まして郵便荷物車なので客室のような明るい照明ではなかったのではないかという憶測からです。




今回は、基盤を床にセットしましたが、配線のスリム化を考えると車体側のどこかにした方がいいかなと思われます。

で、点灯テスト。



テール



室内灯



画像だと同じ明かりに見えますね・・・。
安心してください。オレンジ色です。でも結構暗いかな・・・。抵抗値間違えた?
ちなみに現状3灯で1kΩの抵抗を仕込んでいます。
以前は走行させると集電状況でライトがちらつきましたが、今回はコンデンサを入れているので
一瞬、通電が切れてもライトがちらつくことはありません。
これはいい~!

なお、このデコーダーはヘッドライト及びテール点灯用に初期設定されていて
進行方向によって明かりがオンオフしてしまいます。
通常、デコーダーはCV値を変えることで大概のコントロールができるのですが
当鉄道所蔵のカトーD102ではNGDCCのデコーダーはプログラムの書き換えはエラーが出てできず。

どなたかやり方教えて~

というわけで、いちおう点灯化完成です!

その他のオハ31客車クマタ製記事はこちら



関連記事
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://reichsbahn.blog.fc2.com/tb.php/168-50de1f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)