FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4216位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
597位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51 498号機 車籍復活への道38 下回り OJゲージ
つい先日ですが、千葉旭で震度5の地震がありましたね。
震度5だと模型の置き方によっては転覆事故になりかねません。
日頃の養生が大事かもしれません。
で、あいかわらずテレワークなうです。
9月くらいまでこの状態だとH倶楽部OJ部会のイベント参加ができるんですが・・・。

さて、過日位相合わせを完了させましたが下回りの小物関係の取り付けです。
送油管及び自動給油器。
自動給油器は現在市販が無い為特注したものです。


L1070566.jpg

L1070565.jpg

シリンダー安全弁の取り付け。
稲見製です。

L1070568.jpg

今回はムサシノ製のドレインコックを取り付けます。
オリジナルを切り取って。

L1070571.jpg

所定の位置に孔など開けて取り付け。

L1070575.jpg

シリンダーブロックを台枠に取り付け。

L1070578.jpg

ロッドを取り付け。

L1070871.jpg

モーションプレートに給油機を取り付け。
ムサシノ製です。

L1070874.jpg

L1070876.jpg

ギア、モーターの取り付け。
元々アクションサウンド仕様だったので動力機構はそのまま使用します。
モーターはキャノンのCN22。

L1070877.jpg

140、146号機の大型モーターに比べるとかなり小さいです。
ただ、ギアが2段減速仕様なのでもしかしたらトルクはあるかもしれません。

L1070878.jpg

ユニバーサルジョイントがプラ2段で頼りない感じです。

L1070879.jpg

L1070880.jpg

動力試験をしました。



いいね!良好です!

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html

関連記事
スポンサーサイト



石川・金沢 B級グルメ旅 19.4.3編
前回金沢でしたが、間髪を入れず再び金沢です。

IMG_9321.jpg

いつものお楽しみ、駅弁はこちら

IMG_9323.jpg

たまには刺身系ではなく、あなご重。魚力で確か1000円弱くらい。

IMG_9328.jpg

で、刺身にしなかったのは訳が・・・
ついた金沢で頂いたのがこれ!
能登の美食丼2800円

IMG_9330.jpg

どーん!

IMG_9331.jpg

凄いでしょー!
真ん中は確かノドグロ。↓

IMG_9336.jpg

海鮮がこれでもかと!

IMG_9337.jpg

このお店魚菜屋と言うんですが、

IMG_9340.jpg

メニューもこんな感じです。

IMG_9329.jpg

マジ、凄かった~!大満足!!

ホテルは前回と同じウイングインターナショナル

IMG_9343.jpg

鉄分補給。

IMG_9347.jpg

ホテルモーニング

IMG_9353.jpg

バイキングじゃないのでちょうどいい量です。

IMG_9349.jpg

IMG_9350.jpg

ノドグロの炊き込みご飯

IMG_9352.jpg

美味かった~!

で、この日のランチはまた!(笑)
厚切り漁師丼2200円

IMG_9358.jpg

もう海鮮まみれ

IMG_9359.jpg

まさしく海鮮地獄

IMG_9362.jpg

美味かった~!

ホテルはウイングインターナショナル

IMG_9368.jpg

どこで食べたか忘れてしまった。

IMG_9370.jpg

IMG_9371.jpg

駅弁ぽいけどまだ金沢滞在中なんですよね。

IMG_9378.jpg

IMG_9381.jpg

夜は地元のお友達とホルモン焼き。

IMG_9383.jpg

もう何がないやら

IMG_9387.jpg

やけくそです

IMG_9390.jpg

でも美味かった~

IMG_9391.jpg

カルビ的な奴

IMG_9392.jpg

レバーですね

ごちそうさま~。

宿は老舗ホテル金沢
ちょっと狭め。

IMG_9394_20200624002648995.jpg

駅前が良く見えます

IMG_9398.jpg

翌日

IMG_9399.jpg

鉄分補給
駅中に動輪が保存されてます

IMG_9406.jpg

IMG_9407.jpg

以上~ ふ~




関連記事
C62 22号機車籍復活への道010 空気配管仕上げ(OJゲージ)
きょうは雨。
おかげで涼しいですね。
テレワークなうですが、明日は1週間ぶりの出勤日です。

さて、空気配管もほぼ出来上がっていますが、今回は仕上げのシリンダーブロックに向かう2本の空気配管です。
それプラス、下側の蒸気管もランボードをくぐって行きます。
その付近に取り付けてある2つの管受けは回転火の粉止め用の蒸気管受けですが、平時代では既に本体は取り外されていて配管の跡だけが残っていました。
この配管跡はもう少し後の取り付けになります。

L1070676.jpg

しかし、この蒸気管の正体は何なんでしょうね?暖房用?

L1070678.jpg

ハンドレール0.7mmを設置。
賑やかになりました。

L1070690.jpg

以上!
次回は給水ポンプの取り付けです。

(C62 22号機車籍復活への道!)



関連記事
D51 498号機 車籍復活への道37 集煙装置ギミック OJゲージ
作業の順番が前後してしまいましたが、紹介忘れていたのでここで。
ここに少し写っている集煙装置ですが以前お伝えした通り開閉装置が稼働するようにしてあります。

L1070537.jpg

塗装前の状態ですが、その様子をどうぞ!

 
以上~!

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


関連記事
C62 22号機車籍復活への道009 空気配管(OJゲージ)
ここの所、曇天か雨天で比較的涼しいです。
まだ、テレワークが続いてます。

さて、ボイラーのメインイベント!?
空気配管の取り付け作業です。
ハンドレールの右隣りが空気配管用管受けです。
珊瑚製4本用と2本用を使用。
一部を除いてあらかじめ所定の位置に半田付けします。
さらにその右にも管受けを設置。
これは空気配管の後に工作します。

L1070606.jpg

実は画像が前後しているんですが気にせず。
いつもキャブ側から仕込んでいましたが今回は煙室側から。
配管は0.3mmリン青銅線。

L1070585.jpg

昨年の珊瑚廃業でこの管受けも入手が難しくなりつつあります。

L1070582.jpg

キャブ手前3個目の管受けから配管に管受けを通しながら半田付けします。

L1070623.jpg

キャブ妻面にストレートに差し込んであります。
継手はアドラのSを使用。
これも今や貴重です。

L1070619.jpg

配管を成型していきます。

L1070627.jpg

L1070628.jpg

ボイラー途中の継手はムサシノ製。
実はこれもすでに絶版。
貴重です・・・。

L1070638.jpg

砂撒き管用の空気配管2本がドームへ進路変更。

L1070641.jpg

エコーの3方継手を使用。
0.4mm孔を開けます。

L1070643.jpg

配管を通して。

L1070646_20200618232807ce1.jpg

元栓方向にも配管を施します。
特徴ある平タイプの配管です。

L1070655_20200618232808e99.jpg

公式側も。

L1070660.jpg

ドームの空気配管完了。
その下には冒頭に少し紹介した配管を設置。
多分蒸気管。

L1070666.jpg

今回はここまで。
次回はシリンダーへ向かう空気配管とこの蒸気管の工事です。

(C62 22号機車籍復活への道!)


関連記事
D51 498号機 車籍復活への道36 上回り塗装 OJゲージ
梅雨入りしましたが、暑いですねー。

さて、上回りが大体出来上がったので先に塗装をしちゃいます。
酸洗いして、

L1070511.jpg

大活躍!レッドサイクロン!

L1070513.jpg

ミッチャクロン塗布のうち、クレオス2と92を3:1で本塗装。

L1070515.jpg

C6222号機のナンバーもついでに塗装。
D51498号機のナンバーは青塗装。

L1070518.jpg

L1070522.jpg

LP403にはいつものようにLEDを仕込みました。

L1070528.jpg

諸々取り付け!

L1070534.jpg

いいね!

L1070537.jpg

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


関連記事
DD51 アオシマ 動力化 今71くらい キャブの組み立て (OJゲージ)
梅雨に入りましたねー。
相変わらずテレワークなうですが、そろそろ仕事に変化が出てくるかもしれません。
ずっとテレワークでいいのになー。

さて今回は3月以来となるDD51のキャブを箱化しました。
どストレート組で変わったことは何もしていません。

L1070695.jpg

何せ組み立て塗装に手間が掛かる・・・

L1070696.jpg

ボイラー側の窓は塗りつぶすそうですが違う方法を考えます。
鬼の部品数がプラモデラーの心をくすぐるんでしょうか?
私はくすぐられませんでしたけど(笑)

L1070694.jpg

ここまでやってきた今更ながらの改善点を一つ。
窓サッシ込みで透明プラパーツで作られていますが、ここまで細かくパーツを割っているのだからいっそのことガラス部分とサッシを分けて欲しい。
塗り分けが大変なんですよ。
親切にマスキングシールが付いているけど滲んでガラス部分まで入ってくるところが出てくるんです。
大した技術は必要ない部分だから改善してほしいなー。

L1070693.jpg

L1070699.jpg

以上!

DD51 アオシマ 動力化製作プロジェクト
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-15.html










関連記事
石川・金沢 B級グルメ旅 19.4.1編 
またまたやってまいりました、週に一度の出勤日。
なにあともあれ暑い!
マスクが堪えます・・・。

さて、去年の4月1日は金沢に突撃していました。

IMG_9273.jpg

旅の友はこの頃の定番、東京駅京葉ストリートの魚力のお寿司です。
国産本まぐろの贅沢握り 1390円

IMG_9282.jpg

この時はお腹が空いていたんですね~もう一つ。
アボガド海鮮太巻き 380円

IMG_9288.jpg

満腹特急です!

21時過ぎ金沢着。

IMG_9290.jpg

IMG_9291.jpg

ホテルは前にも紹介したと思いますが、ウイングインターナショナル金沢。
遠目からはラブホに見えます。(笑)

IMG_9292.jpg

今どきのおしゃれっぽいホテルですけど。

IMG_9293.jpg

20平米弱。
まあまあの広さです。

IMG_9294.jpg

翌日、金沢市内の焼肉屋さんでランチ。
地元の知り合いのお勧めでローストビーフ丼です。

IMG_9297.jpg

まいうー!

IMG_9299.jpg

場所は尾山神社のすぐ近くですが店名は忘れました。

IMG_9301.jpg

帰りは金沢駅構内で買った
カニ尽くし弁当。

IMG_9315.jpg

またまた満腹特急!
以上!



関連記事
C62 22号機車籍復活への道008 罐水清浄装置(OJゲージ)
緊急事態宣言が解除されおよそ2週間。
徐々に普段の様相に戻りつつありますが
相変わらずテレワークなうです。
週に一度の通勤ではまだ以前の40%くらいの乗車率でしょうか。
個人的にはテレワーク大歓迎ですけど。

さて今回は罐水清浄装置の取り付けです。
C6222号機には150ℓタイプの装置が装着。
ムサシノ製です。
本体だけを取り付けた状態で蓋はまだです。

L1070402.jpg

キャブからの蒸気管を本体に接続。

L1070472.jpg

L1070473.jpg

L1070475.jpg

本体右側からは水張り込み管を設置。
接続先は送水管ですが、それはまだ先の工事です。

L1070477.jpg

以上
次回は公式側の空気配管の取り付けに入るかも!?

(C62 22号機車籍復活への道!)


関連記事
D51 498号機 車籍復活への道35 動輪位相合わせ OJゲージ
まだ、テレワークは続きそうです。

さて今回は下回りというか足回りです。
この498号機は元々アクションサウンド仕様でした。
とはいっても各車輪は絶縁されているわけではないのでそれぞれ絶縁加工しなくてはなりません。
今回ははつかり倶楽部OJ部会の絶縁職人・Aさんによって片側絶縁加工をしてもらいました。
この場を借りてAさんには厚く御礼申し上げます。
でこちらが絶縁加工してもらった各車輪です。

L1070271.jpg

先輪従輪はそのまますっと組むことはできますが、動輪はそういうわけにはいきません。
というわけで特製位相合わせ機の登場!

L1070462.jpg

ですが今回は新たに2号機を作りました。
※奥が2号機、手前が初号機。
何時ものように隅金を4枚使って作っていますが、初号機と何が違うかというと、内側の間隔が少し広くなっています。

L1070459.jpg

今回、初号機で位相合わせを行おうとしたらギア付き車軸の軸箱が邪魔をして上手く嵌りませんでした。
そこで下画像のように間隔を少し広げた2号機を作った次第です。

L1070461.jpg

左右のロッドピンが黄色マークにぴったりと付けば90度の角度が出ます。

L1070440.jpg

L1070441.jpg

これを圧入すれば位相合わせの完成です。
かっちり位相が合うと滑らかに動輪が回ります。



以上。

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


関連記事