FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4216位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
597位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ED17 1号機 車籍復活への道23 避雷器配電管(OJゲージ)
LA12に繋がる配電管の設置です。
配電管は0.5mm線、管受けは珊瑚製です。

L1200268.jpg

L1200272.jpg

L1200276.jpg

パンタグラフとのフィッテングを見ます。

L1200278.jpg

問題ないですね。

L1200279.jpg

L1200280.jpg

続いてモニターへ向かう配電管です。
この先の高圧線碍子の設置の為、ランボードを一部取り外しています。

L1200281.jpg

その碍子をどうするか思案中。

L1200286.jpg

L1200294.jpg

L1200296.jpg

L1200295.jpg

「ED17 1号機 車籍復活プロジェクト」
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-4.html

(工場的備忘録)
ドアタッピングネジ数6+10


関連記事
スポンサーサイト



ED17 1号機 車籍復活への道22 パンタ空気配管(OJゲージ)
今月号のRMM誌に過日のH倶楽部OJ部会のイベントの模様が掲載されています。
私は参加ができませんでしたがメンバーの力作がずらりと紹介されていますので
是非ご購入を!!

さて、
空気配管は0.5mm線を使用。
管受けなどにいつもの珊瑚の管受け及びアドラナットのMSサイズを使用。
さらに締め切りコックは稲見製です。

L1200240.jpg

L1200241.jpg

L1200242.jpg

L1200244.jpg

過日組み立てたPS14との相性は、

L1200246.jpg

いいみたいですね!!

L1200252.jpg

L1200253.jpg

「ED17 1号機 車籍復活プロジェクト」
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-4.html

関連記事
D51 498号機 車籍復活への道06 反射板てこ(OJゲージ)
来月、H倶楽部のイベントが控えていて今回は参加できるかなと悠長に考えていたら
過日の、新潟山形の地震で仕事が遅延・・・
参加が危ぶまれてきました・・・ピンチ・・・
さて、今回はムサシノ製を使用。(140,146号機の時は稲見製でした)

L1200221.jpg

L1200254.jpg

止水弁側給水管には試験弁用のナットを植え込み。
アドラSサイズ

L1200257.jpg

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html



関連記事
ED17 1号機 車籍復活への道21 汽笛(OJゲージ)
汽笛の取り付けです。
大宮の保存機は汽笛は取り外されたままになっていますが
当鉄道ではもちろん取り付けますよ。

→ 稲見製 2個 600円

L1200231.jpg

なかなかいい出来です。
若干高さがあるので取り付ける機種は限定されるかもしれません。
足を短くすれば解決されますが。

L1200224.jpg

L1200225.jpg

それとパンタ台の四隅にボルトを植え込みました。
32個・・・。
アドラのSを使用しています。

L1200229.jpg

L1200234.jpg
「ED17 1号機 車籍復活プロジェクト」
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-4.html


関連記事
D51 498号機 車籍復活への道05 ボイラーステップ ボルト植込 (OJゲージ)
地味です・・・
アドラーズネストのMSサイズを使用。

L1200218.jpg

ランボード上の給水配管をオリジナルから変更しました。
オリジナルはボイラーケーシングの中に入る構造でしたが
外側を這うように作り変えです。
1.5mm線を使用。
配管受けは1.0mm帯材を加工。

L1200216.jpg

L1200220.jpg

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


関連記事
20系ブルトレプロジェクト 21 ロネ進捗 (ペーパー OJゲージ)
あまり進んでいないのですがロネに雨樋、妻小物関係を取り付けました。

L1200211.jpg

配電箱やダンパーなど。
ハネと同じです。

L1200201.jpg

ロネのダンパーはステーが未取り付けです。

L1200207.jpg

ハネの窓雨樋がピンチですね(笑)

L1200204.jpg

L1200213.jpg




関連記事
ED17 1号機 車籍復活への道20 発煙筒+水切り(OJゲージ)
発煙筒はネット入手品。
形はほぼ稲見製と同じですがこちらはロスト製です。

L1200184.jpg

L1200186.jpg

前回、新規に取り付けた屋根手摺の足を切り取るのを忘れてました(笑)
妻手摺類の余分な半田が多いです。
少しづつ除去していますが・・・。

L1200188.jpg

助手席上にある水切りを増設しました。
0.8×0.4mm帯材を成型。

L1200195.jpg

L1200200.jpg

「ED17 1号機 車籍復活プロジェクト」
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-4.html



関連記事
ED17 1号機 車籍復活への道19 パンタ台+手摺(OJゲージ)
PS14パンタグラフを取り付けるにあたって
パンタ台を新設します。

L1200178.jpg

素材は2×4×2mmチャンネル材。
0.2厚なので裏に1.4mmナットを半田付けしています。

L1200179.jpg

ついでと言っては何ですが、機関助手席の庇下に手摺を新設します。
0.4mm線を使用し、屋根上にはアドラナットSで止めてあります。

L1200180.jpg

屋根上の大きな手すりはオリジナルを再取り付けです。

L1200181.jpg

L1200183.jpg

「ED17 1号機 車籍復活プロジェクト」
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-4.html


関連記事
D51 498号機 車籍復活への道04 給水温め器02 (OJゲージ)
給水温め器につながる排気管の工事です。
珊瑚管受Bに1.0mm孔を開けて使用します。
L1200167.jpg

ほぼ140号機、146号機の時と同じです。
L1200171.jpg

L1200172.jpg

L1200174.jpg

L1200176.jpg

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


関連記事
D51 498号機 車籍復活への道03 給水温め器01 (OJゲージ)
給水出入り口の配管取り付け用に従来と同じ1mm孔を開けます。

L1200158.jpg

洗口栓は146号機同様ムサシノのボイラー用を転用。
実機は穴に角栓がしてあるだけのシンプルな構造ですが
まあ、いいでしょう。

L1200160.jpg

給水管及び排水管は1mm線でご覧のように取り付け。
排水管の継手は稲見製の継手セットより1mm用をチョイスしています。

L1200163.jpg

蒸気管は次回に。

L1200165.jpg

L1200166.jpg

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html

追伸
某H倶楽部会長殿から給水温め器の
温水冷水配管はケーシングの外を通っているとの指摘。
おっしゃるとおりでありまして、
実際はケーシングに設けられた切り欠き(溝)を通って露出しています。
が、切り欠きまで作っていると大変なのと、工作が終わらないので
省略しています。
どうせデフであまり見えなくなるし(笑)
同じ理屈で給水温め器も本来ケーシング上部の切り欠きに収まっていますが
こちらも省略です!
すいませーん。
2019年6月3日追記

関連記事