FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3595位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
525位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51146号機車籍復活への道92 テンダー16 台枠配電管 (OJゲージ)
台風のせいか昨日今日と涼しい日は続いていて工作日和ですが
あちこち放浪していたのではかどっていません・・・。
今月は京都と新潟をさまよっていました。(笑)

さて前回部品だけ見せていましたが
台枠を通る配電管の工作です。

1.0×0.4mm帯材と0.5mm線
稲見の管継手及びムサシノの配電管継手を使用しました。



ATS配電管を避ける形状は146号機を模しています。
その中央に稲見製管継手を配置。



妻面の配電管との接続はムサシノの継手を使用。
上下の接合は分解を考えて差し込み式です。









で、ATSジャンクションの取り付けはもうちょい先ですね・・・。

D51140号機車籍復活への道は
 
D51146号機車籍復活への道は



関連記事
スポンサーサイト



D51146号機車籍復活への道91 テンダー15 増炭枠 (OJゲージ)
暑くて日中の工作はお休みです。
深夜か早朝のわずかな時間で進めています。

前回増炭枠を取り付けましたが、今回はそのディティールを加えます。
使用部材は1.2×0.2mm帯材及び0.5mm線。
縦補強材の取り付けです。



・・・暑すぎるので作業終わり!!

次回は台枠下を通る配電管工事です。



ATSジャンクションの取り付けはもうちょい先ですね・・・。

D51140号機車籍復活への道は
 
D51146号機車籍復活への道は




関連記事
D51146号機車籍復活への道90 テンダー14 ATS配電管2 (OJゲージ)
ATS配電管その先の工事です。
車体と台枠との2分割にします。
今回はその台枠部分の配管。



1mm線と稲見の継手を使用した以外は特筆することはありません。



ついでに増炭枠も工事しました。
5.0mm×0.4mm及び10.0mm×0.4mm帯材を使用。



保存車は失われていますが、現役当時はこれが付いていました。
おそらく北海道仕様はほぼ総て付いていたはずです・・・たぶん。



炭枠補強の縦材の取り付けが残っていますがまた次回に。



おまけ・・・
今までよく知らなかった部品があってこちら(笑)



ATS車上子付近で配電管との配線を結ぶ配電ボックスです。
次回はこのあたりを攻めます。



関連記事