FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3924位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
592位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



佐賀B級もといA級グルメ旅その2
2泊目以降は佐賀城お堀端に位置する佐賀ホテルニューオータニです。



ちょうど紅葉が始まったくらいの季節でした。



部屋は25㎡くらい。
前回のワシントンホテル佐賀に比べるとかなりゆったりです。



最上階6階からの眺め。
向かいのビルは県庁です。



この日の夕食はホテルのB1にある中華でコースを食べました。
1品づつ配膳されるのでグループカットは無いです。
特筆するのはこちらのフカヒレの姿煮ですかね。
懐かしのバブリー食です!
やっぱりオータニだけあってA級グルメでした(笑)



今回の旅では佐賀のソウルフード丸ぼうろの老舗鶴屋さんと、



天山酒造さんにお邪魔してきました。
お酒もお菓子もおいしかったな~。



ちなみにこちら酒蔵の2階ですが端から端まで80メートルくらいある超デカいんです。
こんなに大きな酒蔵は初めてでした!



帰りは九州らしく博多で買った駅弁がこちら!



もう、佐賀だったり福岡だったり鹿児島だったりごっちゃです!!
うん、めんたいこ旨い~!



次回は栃木・益子の旅です♪



関連記事
スポンサーサイト



D51146号機車籍復活への道68 速度計? (OJゲージ)
機関助手側から延びるケーブル。
動輪に接続されていることから機関助手用速度計だと思います・・・多分。



市販部品は無いので線材帯材など組み合わせして作成しました。
珊瑚の管受けとアドラのナットも使用しています。





北海道に渡った他のD51も同じような仕様になっているものがあります。



次回からは駆動系に突入です。
キャブも追々!

D51140号機車籍復活への道は

D51146号機車籍復活への道は


関連記事
佐賀B級グルメ旅~!


本来佐賀だったら飛行機で行く方がスタンダードだと思いますが、ここは鋼鉄の意思で鉄路を選択します!
今回の旅の友はこれ!
やきとり弁当・・・たしか900円くらい。



想定内の内容ですがうまいですよ!合格!!



5時間弱、やっと博多に到着。ここから在来特急「かもめ」で佐賀に向かいます。



非常に豪華な内装でいつも乗る房総特急とは比べ物になりませんね!



今回の旅は4泊5日。ホテルは2か所に分けて滞在しました。
初日は佐賀ワシントンホテル。



部屋は狭いですねー、15平米くらい。



晩御飯はゴージャスに攻めました!
ホテルの最上階レストランで佐賀牛しゃぶしゃぶ!



これはA級でしたね(笑)



まあ、一応佐賀に来たので鍋島藩佐賀城も。(笑)



翌朝のホテル朝食 バイキングですが流石九州!



明太子も食べ放題です!!
これはご飯が進みますね・・・今回も食べすぎました・・・
ちなみにワシントンホテル系列で出るコーンスープ(右上)これも超濃厚でお勧めの一品です。
というわけでまだまだ続く(笑)


関連記事
D51146号機車籍復活への道67 シンダ除け (OJゲージ)
146号機、シンダ除けの工作です。

シンダ除け本体は0.5mm厚の板材から10mm×32mmに切り出し。
さらに煙室戸より一回り大きいサイズで円弧を切り出します。



切り出したシンダ除けとデッキ板をはんだ付け。
補強のアングルは1.5×1.5mm。
ボルトはアドラのSSサイズを使用。
突き出ている帯材は1.0mm。
これは146号機の特徴でもあります。



で、仮乗せ。



本来帯材は煙室戸枠に溶接されていますが
模型は分解の必要があるので接合はしません。






関連記事
D51146号機車籍復活への道66 ブレーキ管他 (OJゲージ)
取り残し分を片付けています。
まずはエアホースに繋がるブレーキ管。
途中に締切りコックが付いていますがこの向きだと開くになるんですね。
つまり、現実世界だとエアが駄々洩れ状態です。(笑)
まあ模型ですから良しとしましょう。



続いて、給水温め器排水管。
140号機の時はすっかり取付忘れていたやつです!
今回は忘れずに!!





こちらは速度計です。
市販部品がないのでプチスクラッチです。
3mmパイプ材など組み合わせて円盤を作りジョイントやボルトなど多少のディテールの作りこみをします。
これを以前作った速度計ステーにはんだ付け。



車輪側はコンプレッサー下部に取り付けるステーを作成。
1.5mmアングルを使用。
コンプレッサーのボルトを利用して取り付ける為、それに合った穴を開けてあります。



ステーの取り付け。



これに運転席下に作った同じ円盤を取り付けます。



シャフトも取り付けて。



まあ、いいんじゃない(笑)
次回はシンダ除けの予定です。


関連記事
2018謹賀新年
皆様、旧年中は
     大変お世話になりました。
本年もどうぞお引き立の程
        よろしくお願いいたします。



工場より愛をこめて💛

                             雷比須鉄道

関連記事