FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3924位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
592位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



8620 車籍復活への道58 テンダー⑧
標識灯配線及び鎖の取り付けをしました。
配線は0.3mm線を使用。
 

 標識灯配線は、極力自然な垂れ具合になるように試みてみましたがどうでしょうか・・・?
 

 

 

配電管の配線を一つ忘れてました!
妻面手前側の継手からサイドの配電管へ繋がる配線です!!
まあ、いつでもできる作業なので塗装前には完了させましょう!!
 
機関室側妻面はハンドブレーキの取り付け及び手すりの変更に留まっています。

かなり地味ですね(笑)
 
次回は塗装を進めていきたいと思います。
 
※これまでの58623号機製作記事は

関連記事
スポンサーサイト



8620 車籍復活への道57 テンダー⑦
検水管の取り付けです。
素材は1.2mmパイプ材と同割ピン。
 

 
1.2mmの割ピンなど発売していたっけの声が聞こえてきそうですが、
発売しています!
サンゴから1/24用にリリースされています!
そう!デアゴスティーニのC62、D51用として!!
 

 
検水管は分解整備のことも考えて上側のみで半田付け固定しています。
下は割ピンに差し込むだけです。
 

さて、あとは鎖と標識灯の配線ですかね・・・。
 
※これまでの58623号機製作記事は

関連記事
8620 車籍復活への道56 テンダー⑥
テンダー吊り上げフックのほかDCC配線工事も行いました。
 
フックは5.0mm×0.4mm板材を穴あけ成形して取り付け。
 

 

 

 

 

 
DCC配線工事です。
 

 

連結した状態です。
結果論で言うとこの位置での配線は非常に結線しづらいです。
結線のしづらさはFEF以上です(笑)
D51の時みたいな、配線に余裕を持たせた伸び縮みする方法がベストかと思われます。
 

次回は検水管が出来るかどうか・・・?
 
※これまでの58623号機製作記事は

関連記事
8620 車籍復活への道55 テンダー⑤
前回から約半月ですが、この程度しかやってません・・・
 
今回は炭枠の補強アングルを取り付けました。
なお、検水管は最終段階で組み付けることにしました。
 

 
アングルは1.5mm×1.5mmです。
 

エアホースの鎖も最終段階での取り付けですかね。
 

次回はこの両サイドに付いている釣り上げフックの工作になりそうです。
 
※これまでの58623号機製作記事は

関連記事