FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4216位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
597位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51 498号機 車籍復活への道37 集煙装置ギミック OJゲージ
作業の順番が前後してしまいましたが、紹介忘れていたのでここで。
ここに少し写っている集煙装置ですが以前お伝えした通り開閉装置が稼働するようにしてあります。

L1070537.jpg

塗装前の状態ですが、その様子をどうぞ!

 
以上~!

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


スポンサーサイト



D51 498号機 車籍復活への道36 上回り塗装 OJゲージ
梅雨入りしましたが、暑いですねー。

さて、上回りが大体出来上がったので先に塗装をしちゃいます。
酸洗いして、

L1070511.jpg

大活躍!レッドサイクロン!

L1070513.jpg

ミッチャクロン塗布のうち、クレオス2と92を3:1で本塗装。

L1070515.jpg

C6222号機のナンバーもついでに塗装。
D51498号機のナンバーは青塗装。

L1070518.jpg

L1070522.jpg

LP403にはいつものようにLEDを仕込みました。

L1070528.jpg

諸々取り付け!

L1070534.jpg

いいね!

L1070537.jpg

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


D51 498号機 車籍復活への道35 動輪位相合わせ OJゲージ
まだ、テレワークは続きそうです。

さて今回は下回りというか足回りです。
この498号機は元々アクションサウンド仕様でした。
とはいっても各車輪は絶縁されているわけではないのでそれぞれ絶縁加工しなくてはなりません。
今回ははつかり倶楽部OJ部会の絶縁職人・Aさんによって片側絶縁加工をしてもらいました。
この場を借りてAさんには厚く御礼申し上げます。
でこちらが絶縁加工してもらった各車輪です。

L1070271.jpg

先輪従輪はそのまますっと組むことはできますが、動輪はそういうわけにはいきません。
というわけで特製位相合わせ機の登場!

L1070462.jpg

ですが今回は新たに2号機を作りました。
※奥が2号機、手前が初号機。
何時ものように隅金を4枚使って作っていますが、初号機と何が違うかというと、内側の間隔が少し広くなっています。

L1070459.jpg

今回、初号機で位相合わせを行おうとしたらギア付き車軸の軸箱が邪魔をして上手く嵌りませんでした。
そこで下画像のように間隔を少し広げた2号機を作った次第です。

L1070461.jpg

左右のロッドピンが黄色マークにぴったりと付けば90度の角度が出ます。

L1070440.jpg

L1070441.jpg

これを圧入すれば位相合わせの完成です。
かっちり位相が合うと滑らかに動輪が回ります。



以上。

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


D51 498号機 車籍復活への道34 逆転テコ OJゲージ
きょうは久しぶりに表参道に出かけました。
外国人がいない以外はかなり普段の様子に戻ってきた感じですが
道中の電車はやはり空いていました。
相変わらずテレワークナウです。

さて、キャブの続きをやろうと思いましたが変更です。
逆転テコを仕上げます。
逆転テコをやるにあたってテコ受けの給油機を取り付けたいと思い
市販品が無いのでこれを作りました。

L1070411.jpg

あるといろいろと便利です。

L1070412.jpg

ここや、シリンダーブロック、キャブ内にもあったりします。

L1070418.jpg

逆転テコはオリジナルが再起不能な感じで使えないので
1.5mm角線からリメイクしました。

L1070430.jpg

各所にボルトやリベットの取り付け。
いつものアドラです。

L1070429.jpg

L1070433.jpg

L1070436.jpg

以上。
次回は下回りの予定です。
(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


D51 498号機 車籍復活への道33 キャブまわり OJゲージ
キャブ下は目立つところだけこんな形でまとめました。

L1070031.jpg

妻面には何かのフックと安全柵をかけるための輪っか。
フックは稲見製の火かき棒掛けを流用。

L1070178.jpg

日車のD51シリーズに限りませんがすべてキャブのバックプレートには加減弁テコハンドルや機関士席圧力計が省略されているので特注でこれらのパーツを作りました。
圧力計は特に498号機をイメージしたわけではありません。
最大公約数的なイメージで作りました。

L1060843.jpg

テコハンドルも同様。

L1060840.jpg

湯口がそのままバックプレートの取り付け脚になる感じです。
もちろん取り除いてステーを期待に合わせて作るのもありですが個人的にはほとんど見えないところなのでこのままでもいいかなと。

L1060841.jpg

圧力計の取り付けはバックプレートが真鍮の場合はそのまま半田付けでいけますが日車のようにホワイトメタル一体の場合は画像のような取り付け足を圧力計に加工して取り付けます。

L1060905.jpg

テコハンドルはD51の場合斜めにセットされているので多少曲げて形を作り取り付けます。

L1060907.jpg

L1060906.jpg

以前C6222号機用に作った蒸気分配箱を乗せてみます。

L1060918.jpg

いいね!
テコハンドルは加減弁ステーにこのように接続させます。

L1070014.jpg

以上!
以降、しばらくキャブ工作の予定です。

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html