FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5059位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
705位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



9600 79618 FEF
ここのところ、工事中の画像ばかり続いているので気分転換でもはかりましょう!
というわけで冬の79618号機です。
 

 
久々の79618号機です。
前回は夏でしたのでスノウプロウを取り外していましたが
現在は積雪に備えて取り付けてあります!
 

 

 

 

 
冬の黄昏ですが、どちらかというとスノウプロウの話をするのであれば
積雪時の方が良かったですかね(笑)

スポンサーサイト



9600 79618 FEF
今回はFEF製9600の79618号機を御紹介しましょう。
 

 
この79618号機はFEFの9600シリーズの中で唯一実車がプロトタイプとなっています。
実車は北海道・倶知安機関区に所属して主に胆振線・岩内線で活躍。
カニの目のような左右に1つずつ2基のヘッドライトをデフレクターのステーに装備していたことが特徴でした。
その変わった容姿に、ゲージを問わず模型化されている人気の機関車です。
 

 
当鉄道には今から3年ほど前にやってきました。
16番からOJゲージに改軌するきっかけとなった記念すべき1号機関車です。
 

 
北海道仕様なので空気分配弁は耐寒仕様になっています。
20数年前の作品なので配管等に若干さびしさがありますが
それはそれでオリジナルの良さがあるというものです。
もちろん当鉄道の主力であることには先に紹介した29602号機と同じです。
 
ディティールに手を加える予定は今のところありませんが
いずれはDCC化しようと考えています。
 
ちなみにこのモデルにはスノープロウが付属していますが
初夏を迎えるに当たって現在は取り外してあります
 

 

 
梅雨の合間の夕焼けを背景に当機関区に佇む79618号機。。。
なんだか、さまになっていますか!?
 

 
(参考)
発売 FEF
販売時期 1980年代後半から90年頃
当時価格 56万円