FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3595位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
525位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



9600 29602 FEF
29602+レム400

 

 

スポンサーサイト



29602 FEF
中々、進まないD51の作業は置いて、たまには当鉄道のカマをご紹介しましょう。
今回はFEF製の9600です。
少し前にEF58の連結器工事で少し登場しましたが
きちんとお披露目するのは今回が初です。
 

 
このカマはFEFの初回の作で80年代の終わりころにリリースされたと思いますが
ちょっと記憶が定かではありません。
同時発売されたのは形態が異なる9600全4種(未塗装を入れると8種)で
今回紹介するデフなしタイプ、
そして標準デフタイプ、
門デフタイプ、
このシリーズのハイエンド機、79618でこれのみ実機をプロトタイプとしています。
 
話を元にもどします。
機番は29602となっていますが特に実機とは関係ありません。
他には19636、29670、49679、49688、59627、59681のナンバーが用意されていました。
価格は塗装済み完成品が46万円(未塗装43万円)(税別)でシリーズの中では一番安い設定です。
 

当時のスーパーディティール機として話題をさらいましたが、
現在の視点で見ると突っ込みどころが結構あります。
例えば空気分配弁が上下逆さだったり、
キャブ窓にバタフライスクリーンが付いていたり、
ATS発電機が付いていないのにテンダーはATS仕様だったり・・・etc
 

(最初は当鉄道所蔵機だけのエラーかと思いましたがどうやら違うようです!)
そのうち修正したいと思います。
 
色々とありますが、当鉄道では主力の1機です。
まだまだ活躍してくれそうです。