FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5059位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
705位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51140号機 改めて完成!! (OJゲージ)
一通り整備が完了。
ここまでたどり着くまで長かった・・・
足掛け6年くらいですかね(汗)
とは言え、レンズの調達がまだ終わってませんが。

L1190859.jpg

テンダーの転がりは良くなり、
ブラシ集電を採用したことで電力供給も安定しました。

L1190856.jpg

このアングル好きだなぁ(笑)

L1190865.jpg

というわけでFin!

(D51140号機フォルダ)



スポンサーサイト



D51140号機 テンダー整備 (OJゲージ)
”日車夢工房ディスプレイモデル D51 DCC動力化工事”

一旦組付けが終わっているテンダーですがこの際に性能向上のための保全工事を行います。
146号機同様に台車にベアリングの取り付け。
520ZZ(5.0mm×2.0mm×2.5mm)
146号機の時は10個で700円でしたが、今回再発注すると650円になっていました。
さすがの大陸価格です。
画像はすでに組み込み済みです。

L1190822.jpg

L1190823.jpg

L1190827.jpg

(D51140号機格納庫はこちら)
 https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-13.html

D51140号機 機関交換工事02 (OJゲージ)
拡張したモーターハウジング内の塗装も終え再び組み上げました。
モーター直結で軽く動作することは確認済みです。
今度はうまくいきそう!

L1190819.jpg

今回は機関交換工事のため組付けを延期していた部品の組付けです。

L1190813.jpg

泥ダメ排水管と速度計シャフト。
泥ダメも締め切りコックは紛失していたものを見つけたので
センターに穴をあけ再び取り付けました。
速度計シャフトは838号機の時と同じですが
0.8mm×0.4パイプ材に0.4mmではなく0.3mm線材で伸縮シャフトを製作しました。
昔は0.8パイプ材に0.4線は簡単に通せたんですが最近の素材は通らなくなっているみたいです。
これはその他のパイプ材にも同じことが言えます。
かなり不便になりました。

L1190814.jpg 
甘ピンですみません・・・

L1190817.jpg

レンズをどうするか・・・

L1190820.jpg

次回はテンダーの再整備です。

(D51140号機格納庫はこちら)


D51140号機 機関交換工事01 (OJゲージ)
新線での初投稿になります。
皆様、雷比須鉄道をよろしくお願いいたします。

さて旧線でも告知していました140号機の機関交換工事ですが146号機も落ち着いたので
ぼちぼちとスタートです。

画像は新モーターに交換済みの状態です。
稲見で入手したものです。

機関換装

大きさの違い解りますね!?

L1190799.jpg

モーターが大きくなったのでハウジングを拡大します。
146号機の時は製作途中だったので電動糸鋸が使えましたが、
140号機は外観が完成しているのでばらすのも手間と考え
ディスクサンダーと平やすりで仕上げました。
しかしながら、こちらの方法も大変ではありました。
泥ダメが傷ついてハンドルコックがどこかへ行ってしまいましたので再生が必要です・・・。

L1190805.jpg

削りカスだらけです・・・。
 L1190812.jpg

(D51140号機格納庫はこちら)

D51140号機 取り敢えず(外見だけ)完成~! その2
前回の続きですよ。



レンズが春の嵐で汚れてしまっていました。
気が付かず・・・。



最初の145号機と比べると面白いですね~。



さあて・・・



D51飽きたなあ(笑)



次はどうしましょう・・・



とはいえ、ゆっくり工作している時間は無いのですが・・・。



146号機もやらないといけませんね・・・

D51140号機車籍復活への道は
 
D51146号機車籍復活への道は