FC2ブログ
OJゲージ 雷比須鉄道工作日誌 ライヒスバーン
OJゲージ 鉄道模型製作ブログ 16番、HO、Nゲージャーの皆さんもどうぞ
乗降者数



プロフィール

雷比須

Author:雷比須
OJゲージ鉄道模型製作ブログです。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5778位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
806位
サブジャンルランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



D51 498号機 車籍復活への道13 発電機排水管 OJゲージ
オリジナルのマフラーに0.25mm孔を開けて
排水管の取り付け準備。

L1050624.jpg

管受けにスパイク製の3本用と1本用を使用。
片耳は切り落とします。

L1050626.jpg

L1050641.jpg

アドラーのボルトヘッドSを使用。

L1050630.jpg

発電機排水管にはムサシノのパイプ継手を使用

L1050643.jpg

次回は通風管の続きです。

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html


関連記事
スポンサーサイト



金沢 B級グルメ旅 19.2.1編
さあ、今回は1年ぶりくらいの金沢です。

IMG_8679.jpg

2月なので秋口の台風及び大雨の影響を受ける前の話です。

IMG_8682.jpg

駅ビルの2階にある回転すし♪

IMG_8695.jpg

回転すしはどこも人気です!

IMG_8683.jpg

IMG_8685.jpg

追加で・・・

IMG_8689.jpg

IMG_8690.jpg

IMG_8694.jpg

多分全部で2000円くらいだったかな。
満足!

駅前 奥に鼓門だっけ
北陸新幹線が出来た時に作ったやつ。

IMG_8698.jpg

この日の宿は
ホテルウイングインターナショナル。
大きなホテルではありませんが、まだ新しい感じで綺麗でした。

IMG_8699.jpg

17平米くらいかな。

IMG_8702.jpg

IMG_8701.jpg

ここのホテルは後にもちょくちょく使うのだけど
朝食がめっちゃうまいのよ!!

IMG_8716.jpg

のどぐろの釜めし。
旨し!!

IMG_8714.jpg

IMG_8710.jpg

食堂テラスからの眺め。

IMG_8718.jpg

本日の目的の一つ!
板屋本店。

IMG_8755.jpg

ここの名物「こもかぶり」
画像はサンプルですが。
これの作り方が超面白いんです!
ユーチューブに動画が上がっています!。

IMG_8762.jpg

金沢城近くの物産店でお寿司!
激うま!
確か3500円くらい!!

IMG_8765.jpg

たまには肉を!
たぶん、しゃぶしゃぶ温野菜という店だったと思う。
たんしゃぶが名物らしいです。
この時1380円。
美味しかったですよ。

IMG_8784.jpg

以上、今回も腹いっぱい!!


関連記事
工場見学 半田付けツール
今回は半田付けのツールをご紹介。
工作派の皆さんであれば長年愛用の鏝などあろうかと思いますが
当工場では半田付けにほとんどいわゆる鏝は使用しません。
ほとんどは部材への半田めっきに使用するくらいです。
もちろん例外もありますが。
ほぼ9割はトーチを使って半田付けです。

こちらは持っている方も多いのでは?
ポケトーチ
経験で言うと個体によっていい悪いがあるような気がします。
着火の具合など。

L1050594.jpg

こちらはもう10年以上使用しています。
プリンスのGT5500。
着火装置は当の昔に壊れてしまいましたが
ライターで原始的に着火しています。
この機種は現在廃番で後継機が発売されています。

L1050595.jpg

極細集中炎というのがあればこれらの機種の必要性はありませんよ。
だいたい炎の大きさはこのくらい。
これ以上小さくすると炎が落ち着かなくなります。

L1050589.jpg

以上



関連記事
D51 498号機 車籍復活への道12 通風管1 OJゲージ
通風管の設置です。
まずオリジナルの管受けを見ると
エッチング抜き製になっていているのでこれを交換します。

L1050609.jpg

L1050610.jpg

新たに取り付けるのはムサシノ製管受け。
通風管用ではないと思いますが形が多少似ているので採用です。

L1050612.jpg

足の長さの違いで2種類入っています。
火室は多少太くなっているので短足の方使用します。

L1050614.jpg

L1050615.jpg

元のスリットを利用して取り付け。

L1050617.jpg

途中で通風管の形態が変わるので分割式にしました。
後藤工デフ仕様はキャブからは布巻管で出ていますが
最初の管受けの所から先はストレートのむき出しの配管です。
アダチの0.8mm布巻管を使用。

L1050619.jpg

L1050618.jpg

L1050620.jpg

以降の配管は少し先になります。
次回は排水管の予定。

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html




関連記事
D51 498号機 車籍復活への道11 ATS発電機蒸気管 OJゲージ
昨日は友人と銚子を旅していました!
で、本日は、
ボイラー上部から見て一番右位置からATS発電機に繋がる蒸気管の取り付け。

L1050603.jpg

L1050605.jpg

L1050606.jpg

L1050607.jpg

これで火室上部の主要配管は完了です。
次回は排水管か通風管かどっちか。

(D51 498号機  車籍復活プロジェクト)
https://reichsbahn.blog.fc2.com/blog-category-34.html







関連記事